整形外科

整形外来のご案内

高い診断力や創意工夫ある治療でより良く生活できるようにします

当院が扱う主な疾患

A.整形外科領域 運動器(筋、骨格、神経)の病気

  1. スポーツ障害・過労性障害・成長障害
  2. 腰痛・頸部痛・肩こり・椎間板ヘルニア
  3. リウマチ・痛風・五十肩・関節痛
  4. スポーツ外傷・交通外傷・労災事故
  5. 運動器の外傷(骨折、脱臼、捻挫、打撲、神経・筋肉・腱などの断裂や切傷)
  6. 足部疾患(くつの障害・外反母趾、偏平足、巻き爪)
  7. 腫瘍・できもの・はれ・化膿
  8. 骨の変形・姿勢の異常・側彎症
B.各科との関連領域で総合的治療が特に有効な疾患
  1. 歩行障害・脳卒中・麻痺性疾患
  2. しびれ・冷え・知覚異常
  3. 褥瘡・やけど・壊疽
  4. 運動療法が有効な内科疾患(糖尿病、肥満、高血圧、高脂血症)
  5. 骨粗鬆症、骨軟化症、閉経後障害
  6. 頭痛

【当院における各種疾病の治療方法】

  • 腰椎圧迫骨折
  • 腰椎分離症
  • 四肢の骨折

不便なギプスの変わりに治療用の靴を作成したりし、痛みや障害があっても早期運動、早期社会復帰ができるよう治療しています。

MRI.CT

レントゲンでは分からない複雑な骨折、ひび、骨隔合の診断に大変有効です。

MRI-オープン型MRIを導入しています。

MRI-オープン型MRIを導入しています。

オープンMRIは広く開放した環境で検査が受けられるので、狭いところが苦手な方やお子様、お年寄りの方も安心して検査が受けられます。
従来のMRI装置と比べ、撮影時に発生する音が小さくなっています。
磁気を利用した身体の断層写真を得る装置で放射線の被爆はありません。

CT

CT

16列CTを平成27年11月に導入しました。広範囲を一度に撮影する事も可能で、高速撮影により患者様への負担も軽減されます。